TOP  > コラム  > 最新コラム
 
  

新入社員の皆さんの中には、運転に携わる仕事に就く方もいらっしゃることでしょう。
「今までは慣れた道路だけを運転していたから、少し不安」などと悩んでいませんか?
また、配属先の先輩社員も「新入社員にどうアドバイスすればいいんだろう」と戸惑っていませんか?
今月は、若手ドライバーに多い事故を通し、新入社員が安全な運転行動をする手掛かりを一緒に考えてみましょう!

○ 若手ドライバーは交通事故の発生率が高くなる

令和元年中の免許保有者10万人当たりに発生したドライバーの過失※による交通事故件数(全年齢)は約436件でしたが、16〜24歳(若手ドライバー)に絞ると約832件と約2倍になります。
法令違反別にみると、若手ドライバーは「脇見運転」や「漫然運転」などの安全運転義務違反による事故が、全年齢と比較しても圧倒的に多くなります(図1)。
事故直前に出ていた速度(危険認知速度)別にみると、若手ドライバーは時速20?を超えている割合が多く、全年齢に比べて事故時に速度が出ていると考えられます(図2)。
一方、どのような状況で若手ドライバーの事故が起きたのかを、事故類型別に比較すると、車両相互が最も多く、その中でも「正面衝突」「追突」が全年齢の約3倍になります(図3)。
また、発生率は少ないですが、車両単独の「工作物衝突」も約3倍になります。


 


 



○ 新入社員の安全な運転行動について

子どものころ、信号の青色は「進め」、黄色は「注意」と覚えた記憶はありませんか?
運転免許取得時に、青色は「進んでもよい」、黄色は「停止位置から先に進んではいけない」という意味だと学び直していると思います。
しかし、「黄色だから注意さえすればいい」と自分に都合よく考え、速度を落とさず交差点に入れば、事故を起こしかねません。
過失による事故は、被害者だけではなく、家族や会社、同僚にも多大な損害を与えることになります。
社会人として、今まで以上に安全運転につとめなければなりません。
では、新入社員の安全な運転行動についてみてみましょう。

? 前を向いて運転できる環境をつくりましょう!

走行中、携帯電話の着信音で前方から目を移した一瞬に前車が速度を緩めたら、追突する危険があります。
また、携帯電話を手に取ったり、ナビゲーションシステムを操作しようとしたりすれば、前方の危険を発見できず、ハンドル操作もおろそかになり事故を起こしかねません。
携帯電話はドライブモードに設定しカバン等に入れ、ナビゲーションシステム等を操作するときは、安全な場所に停止してから行いましょう。
真っすぐ前を向いて運転できる環境をつくりましょう!

?急がず焦らずゆとりをもち、安全な速度で走行しましょう!

「次の訪問先に遅れそうだ」と急ぐあまり速度超過すると、前方の危険を発見できたとしても回避行動が間に合わないおそれがあります。
また、焦っていると状況の判断や運転操作を誤り、事故を起こす危険性があります。
訪問先に遅れそうなときは連絡を入れ、運転にゆとりをもち、安全な速度で走行できるようにしましょう!

? 日頃から十分な睡眠や休養をとり、運転中は休息をこまめにとるようにしましょう!

運転中にボーッとしていたり考え事をしていたりすると、危険の発見が遅れ、慌てて急ハンドル、急ブレーキなどの操作を行うおそれがあり、車線を逸脱して正面衝突や路外の塀などに衝突し重大事故を引き起こす要因になります。
日頃から、十分な睡眠や休養をとり、運転中はこまめに休息をとって、運転に集中できるようにしましょう!

? 交通状況を適切に把握し、交通ルールを守って運転しましょう!

右折するときに「黄色だから対向車は止まるはず」と曲がろうとしたり、横断歩道に歩行者がいるのに「まだ渡っていないから大丈夫」と通過しようとしたり、交通状況を自分に都合よく考え、強引な運転をすれば重大事故を起こしかねません。
「対向車は止まらないかもしれない」と疑い、「横断歩道は歩行者が優先」と交通ルールを守って運転しましょう!

? 交通標識や標示は正しく理解しましょう!

交通規制を示す標識や、道路に示された標示の意味は理解していますか?
「車両通行止め」の標識がある道路に進入したり、「駐車禁止」の標示の横で駐車したりすると、事故やトラブルを起こすおそれがあります。
標識や標示は、安全で円滑な交通のために「そこで止まらないと危ない」と注意を喚起してくれたり、「こちらを通行すれば安全だ」と通行方法を教えてくれたりするものです。
交通標識や標示は正しく理解しましょう!

投稿日時: 2020年03月21日


小学生にもなると、自転車に乗って遊びや習い事へ行く機会も増え、行動範囲が広がります。
しかし、子どもは道路に隠れている危険や、標識の意味をよく理解していないことがあり、急に車道へ飛び出すなどの危ない運転をしがちです。
今回は、小学生と大人が起こした自転車事故の要因を比べ、道路上の危険や交通ルールについて子どもと一緒に考えてみましょう!


○小学生は道路上の危険や交通ルールを理解していないため、事故を起こす!○

平成30年中の自転車側の過失で起きた交通事故件数のうち、6〜12歳の小学生が起こした割合は全体の8%を占めています。
事故の要因を年齢層別に比べると、小学生も20〜64歳の大人も安全確認を怠ったことによる「安全不確認」が最も多くを占めています。
そして、小学生は大人より「安全不確認」が約1.3倍、道路標識の意味や走ってよい道などがわかっていないことが理由の「交通環境」が約1.2倍になります。
道路上の危険や交通ルールをよく理解していなかったため、事故を起こしている様子がうかがえます。
一方、大人は小学生より、相手が譲ってくれると思い込むなどの「動静不注視」が約2.5倍になります。
そのほか、携帯電話の操作、景色や別の車に気を取られるなどの「前方不注意」、車幅や速度、交通状況の予測を誤る「予測不適」、ブレーキやハンドルなどの操作を誤る「操作不適」も多くなっています。
大人は、相手の動きなどを都合よく解釈したり、運転以外のことに気を取られたりして事故を起こすケースが多いようです。

 



○自転車の安全走行に必要な交通ルールとは?○

自転車は車両の一種ですが、シートベルトなど身体を守ってくれる装置が無いため、道路を走るときは交通ルールを守らないとけがをする危険性が非常に高い乗り物です。
では、自転車の安全走行に必要な交通ルールをみてみましょう。

 

投稿日時: 2020年02月15日


自宅周辺を運転するとき「慣れた道」だと思い、気を抜きがちです。
地域住民が日常生活のために利用する生活道路は、道幅が狭く車道と歩道の区別があいまいな箇所があったり、自転車が道路の真
ん中を走行していたりするなど、人と車両が混在しやすいため、走行には細心の注意が必要です。
今回は、生活道路で起きた死傷事故の内容を通し、歩行者や自転車が安全に通行できるようにするにはどうしたらよいのかをみてみましょう!

〇生活道路では、歩行者や自転車の死傷事故が増える!〇

平成27年の交通事故による死傷者数の割合を、幅員5.5m以上の幹線道路と5.5m未満の生活道路に分けて比較した報告書をみると、生活道路では車の割合が約3/4に減る一方 、自転車は2倍、歩行者は約1.4倍になります(図1)。
年齢層別では、15歳以下の子どもと65歳以上の高齢者は、他の年齢に比べ生活道路での死傷者の占める割合が高くなっています。
また、生活道路のどこで死傷事故が起きたのかをみると、信号のない交差点が約半数と多く、信号のある交差点、交差点付近を含めると約68%を交差点とその付近が占めます(図2)。
法令違反別にみると、車両が第1当事者(過失が最も重い当事者)の場合は、安全不確認が36%を占め、一時不停止、交差点安全進行違反がそれぞれ10%、脇見運転や動静不注視(相手の動きを見誤る)もそれぞれ9%と少なくありません(図3)。
一方、歩行者が第1当事者の場合は、飛び出しが約半数を占め、信号無視や横断方法等違反が続きます(図4)。



〇生活道路で、歩行者や自転車の安全を確保し走行するには?〇

生活道路において、車は歩行者や自転車の安全の確保に、細心の注意を払い走行する必要があります。
では、どうしたらよいのかをみてみましょう!

投稿日時: 2020年01月18日


近年、運転中にスマートフォン等を使用する「ながら運転」による交通事故が相次いで起きています。
そのような事態を受け、警察庁はながら運転による悲惨な事故を防止するため、罰則を強化しました。
今回は、ながら運転の罰則強化の内容と、悲惨な事故を起こさないためにどうしたらよいのかをみてみましょう!


☆ながら運転の罰則の強化と、違反点数や反則金の引き上げ☆

平成30年中に、運転中の携帯電話使用等(ながら運転)により起きた交通事故は2,790件※で、5年前と比べ約1.4倍も多く発生しています。
また、死亡事故率は携帯電話等を使用していないケースと比べ約2.1倍で、ながら運転は重大事故につながる危険性が高いことがわかります。
ながら運転を防止する対策として道路交通法が改正され、令和元年12月1日より以下のとおり罰則を強化、違反点数と反則金が引き上げられました。
ながら運転により交通の危険を生じさせた場合は、違反点数が3倍の6点に増えて即時免許停止になり、例外なく刑事処分となります。
また、運転中に携帯電話等を手に持っていただけでも、違反点数が3点に増え反則金も普通車で3倍となり、違反を繰り返すと罰則(6か月以下の懲役または10万円以下の罰金)が適用されます。




☆ながら運転をしないためには☆

平成28年10月、愛知県でトラックドライバーがスマートフォンでゲームをしながら運転し、集団下校で横断歩道を渡っていた小学4年生の男の子と衝突した死亡事故を覚えているでしょうか。
亡くなった男の子の父親は、「全ての人が前を見るという当たり前のことを守って運転してください」※と訴えています。
ながら運転を防ぎ、走行中はいつも前方を見て運転するためには、どうしたらよいのかをみてみましょう。

〇運転中、携帯電話やスマートフォンはドライブモード(公共モード)に設定しカバン等に入れて目の届かない場所にしまいましょう!

「運転中にスマホでゲームなんて絶対にしない」と思っていても、携帯電話やスマートフォンの着信音が気になって、つい確認したくなったことはありませんか?
時速60?で走行中、2秒間で車は約33.3mも進みます。
その2秒の間に歩行者が横断したり、前車が停止したりしても、ドライバーの注意が画面に向いていると、交通状況の変化に気づくことが難しく、そのままの速度で衝突し重大事故に至ります。
携帯電話やスマートフォンは電源を切るか、着信しても音も振動もないようにドライブモード(公共モード)に設定し、カバン等に入れて目の届かない場所にしまいましょう。
使用するときは、車を安全な場所に停車してからにしましょう。
また、ハンズフリー装置を使用しての通話も、漫然運転につながるおそれがあるので注意しましょう。



〇カーナビの操作や注視、テレビ機能などの視聴をするときは、安全な場所に停車して行いましょう!

カーナビゲーションシステム(カーナビ)は、道の経路案内機能のほかにもテレビの視聴機能等が付いているものがあり、ドライブを便利で快適にしてくれます。
ただし、運転中のカーナビの操作や注視は、前方から目が離れ、カーナビに注意が向いてしまうので、携帯電話の使用等と同じく危険な行為とされます。
カーナビの操作や注視、テレビ機能などの視聴をするときは、安全な場所に停車して行いましょう!

 

投稿日時: 2019年12月21日


「地球温暖化対策としてのCO2削減は…」とメディアから流れるニュースを聞いたことがある方は多いと思います。
では「エコドライブの実践は、CO2の削減だけでなく、安全運転にもつながる」と聞いたことはありますか?
今回は、エコドライブの実践による燃費向上や交通事故低減の調査を通し、環境に優しく安全な運転を行うためにはどうしたらよいのかをみてみましょう!


☆エコドライブは、交通事故防止につながる!☆

エコドライブとは、エネルギー消費の少ない運転のことをいい、燃費向上に効果があります。
トラックドライバーが、エコドライブ10項目※のうち「ゆっくり発進」「ゆっくり停止」を重点的に実践したところ、燃費は約8.7%向上しました。

さらに、交通事故件数は約半分に低減しました。
エコドライブの項目を全て実践できなくても、無理なくできそうな項目に絞り心がけるだけで、燃費向上や交通事故低減に効果があると考えられます。




☆エコドライブで、環境にも優しい安全運転を実践しよう!☆

エコドライブ10項目のうち、まずは安全走行にかかわることから始めてみませんか?

安全走行のためのエコドライブを実践するにはどうしたらよいのかを、4つのポイント別にみてみましょう!



 

投稿日時: 2019年11月16日


(1) 2 3 4 ... 8 »
 
お問い合わせフォーム
 
 
 
ページの先頭に戻る
| トップページ | 会社概要 | スタッフ紹介 | サポート体制 | リクルート情報 | 個人情報取扱方針 | 勧誘方針 | お問い合わせ |