TOP  > コラム
 
  
飲酒運転による事故・違反は、罰則強化や根絶キャンペーン等により年々減少していますが、
痛ましい事故が報道されているように、いまだに飲酒運転による事故はなくなりません。
「ビール一杯だから問題ない」
「お酒に強いからこれくらいは大丈夫」
と安易な気持ちで運転したことにより、事故を引き起こすケースが多いように思われます。

「飲酒による運転がいかに危険で重大事故につながるのか」
「飲酒は運転にどのような影響を及ぼすのか」をみてみましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



★ 飲酒運転はどれくらい危険なの? ★

警察庁が発表した、平成21年中に起こった飲酒有無別の死亡事故率をみると、飲酒運転による
事故の死亡事故率は飲酒なし(0.59%) と比べて約8.7 倍高く、一旦事故が発生すると死亡者を
出す重大事故につながる危険性が高いことがわかります。



★ 「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」はなにが違うの? ★

お酒を飲んで運転することは一般的に「飲酒運転」といわれています。
しかし、法令ではお酒の量にかかわらず、お酒を飲んで運転することを禁止しています。
飲酒運転のうち、行政処分の対象となるものには「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」があります。

呼気中アルコール濃度が0.15mg/l 以上である場合を「酒気帯び運転」、
お酒の量に関係なく飲酒した影響によってまっすぐ歩けないなど、
車を正常に運転できない状態を「酒酔い運転」と呼びます。

警察庁が発表した、平成21年中に起こった「酒気帯び運転」による事故の死亡事故率は飲酒なしと
比べて約7.8 倍高く、さらに「酒酔い運転」による事故の死亡事故率は約31.9 倍も高くなります。
いかに「酒気帯び運転」よりも「酒酔い運転」のほうが重大事故につながりやすいのかがわかりますね。



★ お酒に強い人は酔いにくいの? ★

「お酒に強い」ことと「お酒に酔わない」ということは違います。
「お酒に強い」というのは、胃から肝臓に運ばれたアルコールを分解する酵素が
よく働き、動悸や吐き気をおこすような体調への影響が小さいことをいいます。
一方、「お酒に酔う」というのは、胃に吸収されたアルコールが血液に溶け込み、
脳に運ばれ麻痺を起こすことをいいます。

酵素の働きと違って、脳の麻痺具合には大きな個人差がないといわれています。
「お酒に強い人」は「弱い人」に比べてアルコール分解が速いだけで、
実はみんな同じように酔っているのです。



★ お酒は体中を駆け巡り、脳を麻痺させる! ★

お酒には麻酔作用があり、体中を駆け巡ったあとに脳を徐々に麻痺させます。
お酒に強い・弱いにかかわらず、飲酒量が増すと血中アルコール濃度が高くなり、
脳が正常に働かず「お酒に酔う」状態が徐々に深まります。
さらに視聴覚機能が少しずつ低下し、注意力や判断力が鈍るので、運転中の場合は
危険を察知してからブレーキなどの操作へ移るまでに遅れが出ます。

これが重大事故につながる一因になっているのです。



★ お酒を飲むと誰でも注意力や判断力が鈍る! ★

科学警察研究所の調査研究によると、運転シミュレータを使って危険を発見してからアクセルを
離すまでの反応時間を測定した実験で、呼気中アルコール濃度が0.1mg/l 程度( ビールに換算す
ると約250ml) の低い状態でも反応時間に遅れが生じることがわかりました。

さらにこの実験で、お酒に強い人と弱い人とを分けて調査したところ、反応時間には差が無かった
ことから、個人差なくアルコールは反応を鈍らせ、運転に影響を及ぼしていることがわかりました。

また、同じ量を飲酒して「お酒に酔う」状態の程度を質問したところ、お酒に弱い人はお酒に強い
人よりも「お酒に酔う」状態を感じており、お酒に強い人は血中のアルコール濃度は同じでも「自
分はお酒に酔っていない」という間違った認識をしていることがわかりました。




たとえコップ1杯のビールでも飲酒です!
酔っている自覚がなくても、体中をアルコールが駆け巡り、確実に脳は麻痺しています・・・。


運転するならお酒は飲まない!!運転する人にお酒は飲ませない!!
みんなで気を付けましょう!!

投稿日時: 2015年02月03日


車道から駐車場に入ると気が緩んだり、早く駐車しようと急ぐあまり周りの状況に注意が
及ばず、事故を起こしてしまうことがあります。

今回は、駐車場内での事故の危険性と、事故を防止するために注意すべきポイントを
「駐車場の出入口」、「駐車場内の走行中」、「駐車と発進」の場面ごとに確認しましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★ポイント1★ 出入口では一時停止を行い、安全を確認しましょう!

車道から駐車場に入るときは、二輪車の巻き込みや歩行者との接触にも注意する必要があります。
一時停止を必ず行い、ゆっくりと駐車場に入りましょう。また、駐車場から車道に出るときは、
歩道と車道に歩行者や自転車などがいないか安全確認を行い、出会い頭の事故に気をつけましょう。

< 駐車場に入るときの手順 >

?後方や周囲を確認しましょう!
 左折してから駐車場に入るときや、後続車や自車を左側から追い抜こうとしている二輪車、
自転車が接近していないか確認しましょう。
 右折して入るときは、後続車に注意しながら一時停止し、対向車がいないことを確認しましょう。
?入口前で一時停止しましょう!
 歩道にいる人の動きを確認しましょう。
?速度を落としましょう。

< 駐車上から出るときの手順 >

?出口前で一時停止し、歩道にいる人の動きを確認しましょう!
?歩道に進み出て歩道前で一時停止し、車道の状況を確認しましょう!

★ポイント2★ 駐車場内での走行は人の歩く速度にしましょう!

駐車場内では歩行者の動きが予測しづらく、大きな柱や駐停車している車が死角となり、
思わぬところから歩行者が出てくる可能性があります。十分注意して走行しましょう!

< 駐車場内の注意ポイント >

?人の歩く速度(時速3 〜 4km)にしましょう!
?走行順路を守りましょう!
?屋内駐車場ではヘッドライトを点灯しましょう!
?前方はもちろんのこと、後方や左右も注意しましょう!
?周囲に人や車がいないか、目だけではなく耳でも確認しましょう!

★ポイント3★ 落ち着いて一つ一つ確認しながら駐車スペースに入れましょう!

車体をこするなどの物損事故は、おもに駐車スペースに入れるときに起きています。
また、アクセルとブレーキの踏み間違いによる重大事故もこのときに多く発生しています。
駐車するときは、複雑な操作が多くあります。あせらず落ち着いて、一つ一つ注意すべき
ポイントを確認しながら駐車しましょう!

< バックで駐車するときの手順 >

?窓を開け、シートベルトを外しましょう!
 上体を自由に動かせるようにしましょう。
 ただし、ドアを開けての後方確認は、障害物に接触したり、運転席から転落する可能性
 があり危険なのでやめましょう。
?危険なのでやめましょう!
 車両間隔(感覚)をつかみましょう。
 停車位置や他の車、障害物との距離を予測しま しょう。また、車の後方などに生じる
 死角に十分注意しましょう。
?リバース警告音が鳴っているか確認しましょう!
?ペダルを踏み間違えないように注意しましょう!
 上体を後方に向けると、ペダルを乗せている足の位置がずれることがあります。

< 発進するときときの手順 >

?シートベルトを締めてから、エンジンをかけましょう!
?ギアを正しく入れましょう!
?周囲の安全を確認し、左右の車との間隔に注意しましょう!



以上のことを気を付けて、運転をしましょう!
あせらず一つ一つの操作を確認しながら、駐車場での事故防止に努めましょう!!!

投稿日時: 2014年12月08日


まず、車内を見渡してみてください。

フロントガラスの内側もこまめに拭けていますか?
ゴミ箱が満杯ではありませんか?
荷物を座席に乗せた状態で走行していませんか?

今回は、車内の状態がどのように運転に影響するのかを通し、
こまめな整理整頓や清掃の必要性を考えてみましょう。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【 車の清掃や車内の状態がドライバーの視界や運転操作に影響する! 】


車の点検・整備というと、タイヤやエンジンルームを思い浮かべますが、
車をきれいに保つことも安全走行に必要な点検・整備に入ります。
公益財団法人交通事故総合分析センターによると、車の調整が悪かったために起きた事故のうち、
車の清掃や車内の調整が悪かったことによりドライバーの視界や操作に影響を及ぼした事故が
全体の65%を占めています(下図)。


その内訳をみると、「ワイパーを作動させなかった・フロントガラスを拭かなかった等のため相手の発見が遅れた」
が35%と最も多く「車内の荷物が視界・操作に影響」が続きます。
日頃から車を掃除し、車内の整理整頓を行い、車のライトの調整や灯火・ワイパーの作動や積荷の調整を
適切に行っていれば起こることが防げた事故です。

では、車内の荷物が運転操作に影響を与えないためには、どのようにすればよいのでしょうか?





【 走行中に動く可能性がある物は固定しましょう 】

買い物袋やバッグを座席に置いたまま走行していませんか?
走行中に荷物が崩れると、ドライバーの視線が運転から荷物に向いてしまうことがあり、
事故を誘発する危険性があります。荷物は、なるべくトランクに入れるように心がけましょう。

また、運転席のフロアマットが固定されていないと、走行中にマットが奥にあるペダル側にずれてしまい、
アクセルを踏み込んだときに、マットにペダルが引っ掛かりペダルが戻らなくなる危険性があります。

車内で動く可能性のある物は、安全のために固定してから走行しましょう。
やむをえず座席に物を置くときは、シートベルト等で動かないように固定しましょう。



【 日頃から車内を整理整頓し、清潔に保ちましょう! 】

車内の状態が運転に影響しないために、日頃から車内を整理整頓し、清潔に保つことも必要です。
車内の状態を次のような観点でチェックしてみましょう。


 ①すべての窓ガラスが常にきれいな状態になっていますか

  フロントガラスが曇っていたり汚れがあると、脇から出てくる車等に気がつかず、接触する危険性があります。
  運転に必要な視界を確保するため、すべての窓ガラスをきれいな状態に保ちましょう!

 ②ゴミを何日も置いたままにしていませんか

  ゴミ箱が満杯になったり、ゴミ袋を何日も放置すると、ゴミが散乱し、運転席の足元に入る可能性があります。
  ゴミがブレーキペダルやアクセルペダルに挟まると、ペダル操作に影響が出る可能性があり非常に危険です…。
  車内はこまめに清掃し、ゴミが落ちていないか点検しましょう。

 ③動きやすい物を放置していませんか

  ダッシュボードやコンソールボックスの上にサングラス等の軽くて動きやすいものを置いていると、
  走行中にその動きが気になり、運転から視線がそれて事故を誘発する危険性があります。
  物が車内で動かないように、使用しない物はダッシュボードやコンソールボックス、トランク等の中に入れましょう。

 ④車内やトランクに、不要な物を積んでいませんか

  車に積んでいる荷物が多いと、重量が増えてハンドルが回しづらくなります。
  アクセルやブレーキの踏み込みも重くなって運転操作に支障をきたし、事故を起こす危険性があります。
  車内やトランクの中に、不要なものは積まないようにしましょう。


車内を整理整頓し、清潔に保って安全運転を心がけましょう!!!

投稿日時: 2014年06月23日


運転免許を取得してから時が経つと、日頃あまり目にしない道路標識の意味を忘れていたりしませんか?
形や色、文字から「大体こんなことだろう」と当たりをつけて解釈していたりしませんか?

道路標識は200種類以上もあり、またその地域にしかない道路標識もあります。
そのためすべてを完璧に覚えるのは難しいでしょう。

今回はもう一度初心にかえり、道路標識にはどのようなものがあるのか、
どのような意味で読み取ったらよいのかを再確認してみます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



【 道路標識にはどのようなものがあるのでしょうか? 】

道路標識は大きく分けて4種類あります。
道を案内している「案内標識」、注意して運転するように促している「警戒標識」、
道路での禁止・規制・制限などを知らせている「規制標識」、道路を走行するときに
守る必要のある事柄を知らせている「指示標識」です。
そして、それらの標識の意味を補う「補助標識」があります。





道路に設置されるときには、道路標識を組み合わせて警告や規制を知らせている場合があります。
また、道路標識の意味を理解していなかったり、間違った覚え方をしていたりすると、
法令違反を犯してしまったり、事故を起こしてしまう危険性があるのです。


【 道路標識を正しく読み取りましょう 】

では、下の図のように車がAからBの地点へ走行する間に、どのような道路標識があるのか、
その一部をみてみましょう。





道路標識はドライバーに道を案内しているほかにも、安全に走行するために注意を促し、
守らなければならないことなどを知らせています。
道路標識を正しく読み取り、安全に運転しましょう!

投稿日時: 2014年04月30日


「運転中についうとうとしてしまった」など、居眠り運転でヒヤリとした経験はありませんか。
弊社のお客様の間でも居眠り運転が原因の事故が増加していますので
今月はどのようなときに居眠り運転になりやすいのか、居眠り運転の怖さをお送りします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【 居眠り運転と前日の睡眠時間との関係 】

「急な仕事が舞い込んで残業することになった」
「友達たちと話が弾んでが遅くなってしまった」など
就寝時間が遅くなることは珍しくありません。

では、前日の睡眠時間がどのくらいになると、居眠り運転による事故が起きやすくなるのでしょうか。
公益財団法人交通事故総合分析センターでは、
平成8年〜18年までの10年間に起きた約2,000件(前日の睡眠時間が12時間以下)の
交通事故の中から100件ほどの居眠り運転が原因のひとつになった事故を抽出し、
居眠り運転事故の特徴を分析しました。

それによると、前日の睡眠時間が4時間以下になると、
居眠り運転事故の発生率が急上昇することがわかりました。

また、平成18年に厚生労働省が行なったトラックドライバーを対象にした
「過労運転等による交通労働災害防止に係る調査研究」によると、
睡眠時間が5時間未満のトラックドライバーは、5時間以上のドライバーに比べて
ヒヤリ・ハット体験が2.3倍も多く、睡眠不足が事故を起こす可能性を高めているとの結果が!!

もし「目隠しして車を運転してください」といわれても、とても怖くて運転できないですよね。
しかし、居眠り運転は、「怖い」「危ない」という意識が無いために、
目隠し運転より危険性が高くなると考えられます。

居眠り運転では、
 ?運転がふらつき
 ?走行車線を維持することが難しく
 ?中央線を越えたり、路外逸脱したりすることにより
被害が大きい事故につながりやすくなります。また、
 ?速度のコントロールも難しくなり
 ?反応時間が遅れ
 ?ブレーキも遅れ
 ?危険の回避行動がとれなくなることも。

お酒を飲んでの運転は、危険であり、事故が起きた場合は甚大な被害を及ぼします。
また、ドライバーにお酒を提供した人まで罪に問われることは皆さんご存知かと思います。
居眠り運転は、この飲酒運転とよく似た状態です。
同じくらい危険であることを覚えておいてください。


【 居眠り運転を防止するために 】

居眠り運転を防止するために、次のようなことに注意して運転しましょう。

 ?眠気を感じたら、休憩・仮眠をとりましょう。
  仮眠は15〜30分以内が目安です。
  眠り過ぎはかえって眠気がとれないこともありますのでご注意ください。

 ?仮眠明けは、身体を動かし外の空気を吸いましょう。
  起きてすぐに運転することも、覚醒していない状態で運転することになるので危険です。

 ?眠くなりそうな段階でコーヒーや紅茶などを一杯程度摂取しましょう。
  カフェインの効果が現れるのは、摂取してから30分後くらいですので少し早目が良いようです。

 ?ガム等を噛んだり、声を出したりしましょう。
  アゴの運動は、大脳全体の覚醒レベルをつかさどる「脳幹網様体」という部位に
  直接信号を送るため、脳の覚醒を促すそうです。

ただまずは、日頃の体調管理、規則的な生活リズムを意識することが一番です。
3月4月に向けて忙しくなる方もいらっしゃるかとは思いますが、
翌日に運転するときは、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。


居眠り運転には本当にお気を付けを!!

投稿日時: 2014年02月20日


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 »
 
お問い合わせフォーム
 
 
 
ページの先頭に戻る
| トップページ | 会社概要 | スタッフ紹介 | サポート体制 | リクルート情報 | 個人情報取扱方針 | 勧誘方針 | お問い合わせ |