TOP  > コラム
 
  
雨天時は、視界が悪く歩行者の行動を把握しにくくなるので、運転には一層の注意が必要になります。
今回は、雨天時はどのような状況で死亡事故が起こりやすいのか、どのようなことに気をつければよいのかをみてみましょう!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


★ 雨天時は視界が悪く、歩行者を発見しにくくなり危険です! ★

平成14年〜23年の10年間に、東京都内で起きた交通事故での死者数を天候別にみると、雨天時の人対車両による死者数の割合(図1)は、約44%で、晴天時に比べると約10%高く、雨天時には、歩行者の死亡事故が発生する危険性は晴天時より高いことがわかります。



雨天時には、ワイパーで雨水を払いきれない箇所がフロントガラスにできたり、雨が強いと視界が悪くなったりして、
道路を横断しようとする歩行者や路肩にいる歩行者を発見しにくくなります。
また、雨天時の昼夜別の人対車両の事故による死者数をみると(図2)、夜間の死者数は昼間に比べ約3倍ほどに増えています。




雨天時の夜間は視界が一層悪くなる上、路面が雨に濡れて光が反射し、道路のセンターラインや標識が見えにくく、横断歩道等に気付かずに通過してしまう危険性があります。
また、雨によって対向車などのヘッドライトの光が乱反射して目が眩み、横断歩道や路肩にいる歩行者を発見しにくくなる可能性が高まり大変危険です。


★ 雨天時の歩行者の行動を知り、注意をはらいましょう! ★

では、雨天時の歩行者はどのように行動するのかをみてみましょう。


人通りの多い商店街や住宅街、横断歩道の周辺などを走行するときは、ヘッドライトを点灯して歩行者に自車の存在を知らせ、速度を十分に落として歩行者の動きに注意をはらいましょう。


★ 雨天時の視界を良くして、「かもしれない」運転をしましょう! ★

フロントガラスに汚れや油膜が付着していると、雨天時にウォッシャ液を使用しワイパーをかけても、油膜が取りきれず視界がにじんだようになります。
フロントガラスの清掃やワイパーの点検整備を、日ごろからこまめに行い視界を良くしましょう。
夜間や周囲が薄暗くなっている時は、早めにヘッドライトを点灯し、歩行者や周囲に自車の存在を知らせましょう。
また、速度を十分に落として、「信号があるから横断歩道があるかもしれない」「歩行者が道路を横断するかもしれない」と予測し、十分に注意して運転しましょう!


雨天時に走行する時は、十分に速度を落とし、周囲の歩行者の動きに注意をはらいましょう。
フロントガラスの清掃やワイパーの点検整備を日ごろから行い、雨天時の視界を良くしましょう。。
夜間や周囲が薄暗くなっている時は、早めにヘッドライトを点灯し、歩行者に自車の存在を知らせましょう。
また、「歩行者が道路を横断するかもしれない」と予測し、十分に注意して走行しましょう。

投稿日時: 2016年07月11日


路上を快適に走行することはできても、「バックでの車庫入れは苦手…」という方はいらっしゃいませんか?
では、バックでの車庫入れを安全に行うことができるドライバーと何が違うのでしょうか?
安全に車庫入れを行うためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

今回は、車庫入れが苦手だと感じる原因を探りながら、安全に行えるコツをみてみましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


★ なぜ車庫入れが苦手だと感じるのでしょうか? ★

自転車の場合、駐輪場から出すときには、ハンドルと車体の向きを調整し、後ろを確認しながら、バックしている方が多いのではないでしょうか。
自転車のバックがさほど難しくなく行えるのは、自転車全体とその周囲を目で直接確認することができるためです。

では、車の場合はどうでしょうか?
車は運転席の反対側や後方部分などを含め、目で直接確認できない死角が多く、ドライバーが障害物を発見することが難しいのです。
そのため、車が駐車スペースのどの位置にあり、周囲との距離がどれくらいあるのか、前輪がどの方向を向いているのかなど、
ドアミラーやリアウィンドなどを使い、常に車両全体の方向や位置を様々な感覚で把握し続けることが必要になります。

そこに苦手意識が生じるものと思われます。
死角の多い車庫入れでは、注意を怠ると思わぬ接触事故を起こすケースがあります。あせらず落ち着いて、注意すべき箇所を一つ一つ確認しながら車庫入れを行いましょう。







★ どのようにすれば安全に車庫入れができるのでしょうか? ★

では、車庫入れを行うときの注意すべきポイントをみてみましょう。




車庫入れを行うときは、ゆっくりと落ち着いて、周囲の安全を確認し、最適なポジションからバックを開始しましょう!
進入するライン上の安全を確認し、左右のバランスも注意しながらバックし、駐車スペースの途中で一旦停止して、車を停める位置を目で見て確認しましょう!!

投稿日時: 2016年03月04日


住宅街の道路を走行していると、子どもの飛び出しや自転車の危ない運転にヒヤッとすることは
ないでしょうか?
車の通行が主体となる幹線道路と違い、住宅街の道路は住人の生活道路でもあるため、
子どもからお年寄りまで様々な人が道路を使います。
人と車が混在する住宅街の道路で、どんな事故が起きているのか、どんなことに
注意すれば事故は防げるのかをみてみましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★ 住宅街は死傷事故件数が多く、幹線道路の2倍です ★

平成22年中の交通事故発生状況をみると、死傷事故件数のうち、幹線道路は358,578件、
生活道路は354,362件で約半々となっており、生活道路で発生する事故は決して少なくありません。
また、歩行者や自転車関連の死傷事故件数をみると、生活道路における死傷事故件数は幹線道路の
約2倍も高くなります。
車と、歩行者や自転車が一緒に利用する住宅街の道路では、周囲に十分注意を配らないと
容易に接触する危険性があり、車のスピードが出ていなくても死傷者を出す事故に繋がる
可能性が高くなります。

★ 出会い頭事故が多いため、一時停止と周囲確認が重要です ★

住宅街では、どのような種類の事故が多く起きているのでしょうか?
平成23年中に生活道路で起きた事故の種類のうち最も多いのが、「出会い頭」で
全体の約4割を占めています。
そのため、停止線のあるところや、見通しの悪いところでの一時停止を徹底することが
住宅街での事故防止のために重要です。

また、住宅街の道路は、ドライバーの自宅があるなど通り慣れている道だったり、
混んでいる幹線道路の抜け道として利用されたりするケースがあります。
このような道路では、「あと少しで家に着く」という気の緩みが起きたり、
幹線道路でのスピードのまま走行する車があったりするなど、事故を引き起こす要因が多数あります。
住宅街は信号が無く見通しの悪い交差点や、道幅が狭く歩行者と車を区分けする
ガードレールが無い箇所も多いので、安全を確認しながら十分に速度を落として走行するようにしましょう。

★ 住宅街での走行で危険と思われるポイントをみてみましょう ★

住宅街の道路では、どのようなことに注意すれば安全に走行できるのでしょうか。
下の場面を参考に危険と思われるポイントをみてみましょう。



住宅街を走行するときは、停止線や見通しの悪いところで必ず一時停止を行い、
安全を確認しながら十分に速度を落として運転しましょう!!!

投稿日時: 2016年01月25日


ドライバーには、骨格や身体の形成が未発達な子どもの身体を走行中の衝撃から守るため、
チャイルドシートを正しく使用する義務があります。
今回は、6歳未満の子どもが乗車中に事故に遭い死傷した際のチャイルドシートの使用状況を通して、
チャイルドシートを正しく使用するためのポイントについてみてみましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


★ 子どもを乗車中の危険から守るために、チャイルドシートを使用しましょう ★

公益財団法人交通事故総合分析センターが調査した、車に乗車中の子どもが死傷した際のチャイルドシート
の使用状況をみてみましょう。

子どもが死傷した事故におけるドライバー本人のシートベルト着用率は、97.3%と高くなっています。
それに対して、同乗していた子どものチャイルドシート使用率は66%と低く、さらに適正に使用していた
ケースは58%まで下がります。チャイルドシート不使用の事例の中には、子どもが大人用のシートベルト
を着用していたケースもみられました。

また、チャイルドシートも大人用のシートベルトも着用していなかった子どもが21%もいました。
「子どもを乗車中の危険から守るためには、チャイルドシートの使用が不可欠である」という意識が希薄な
ドライバーが多いことがわかります。





また、子どもの死傷事故をドライバーの世代別にみると、25〜39歳の親世代でのチャイルドシート使用
率は68%であるのに対し、55歳以上の祖父母世代は49%と半数を下回ります。更に、祖父母世代が適
正に使用しているケースは38%と非常に低く、チャイルドシートの必要性を理解していなかったり、適正
に使用できていない様子が窺えます。






★ チャイルドシートを正しく取り付けて使用しましょう ★

チャイルドシートは、骨格や身体の形成が未発達な子どもの身体を、走行中の衝撃から守るためにあります。
6歳未満の子どもを乗車させるときには、ドライバーはチャイルドシートを使用する義務(道路交通法71条
3の3)があり、違反すると点数1点が付加されます。
子どもの成長に合わせて、乳児用のシート・幼児用のシート・児童用のシートと、適切に交換をする必要もあ
ります。製品によって、取り付け方や着用の仕方に違いがありますが、ここでは使用する時の注意すべきポイ
ントについてみてみましょう。




子どもを車に乗せるときは、交通事故や急ブレーキ等の衝撃から身体を守るため、
チャイルドシートを正しく取り付けて使用しましょう!!

投稿日時: 2015年08月10日


自転車は、道路交通法上「軽車両」に属します。バイクや四輪車と同じ「車両」の仲間です。
したがって、道路上の交通ルールを守る義務があり、違反した場合には罰則が科せられる場合があります。
今回は、悪質で危険な運転を繰り返す自転車の運転者に対する法的措置と、自転車に乗るときの交通ルール
について考えてみましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★ 違反行為を繰り返す自転車の運転者には「自転車運転者講習」の受講が義務付けられます ★

警察庁のデータによると、平成26年中の自転車が関連する死亡事故件数のうち、約8割が自転車側
の違反で発生しています。その内容をみると、周囲の安全確認の怠たりや不適切な運転操作等の
「安全運転義務違反」が37.1%と最も多く、交差点を安全に進行する義務を怠った「交差点安全進行
義務違反」が9.8%、一時停止を怠った「一時不停止」が9.0%と続いています。
悪質で危険な自転車の運転が重大な事故に繋がっていることがわかります。
平成27年6月には、下の表に挙げる悪質で危険な違反行為をして3年間に2回以上摘発された自転車の
運転者は、「自転車運転者講習」の受講が義務付けられるようになります。
なお、この受講命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。



★ 自転車に乗るときも交通ルールを守り、安全に走行しましょう ★

自転車もバイクや四輪車と同じように、交通ルールを守らなくてはいけません。
自転車に乗るとき、特に注意すべき交通ルールをみてみましょう。



自転車に乗るときも交通ルールを守り、周囲の交通状況を把握して安全に走行しましょう!!1506column_1.png

投稿日時: 2015年06月01日


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 »
 
お問い合わせフォーム
 
 
 
ページの先頭に戻る
| トップページ | 会社概要 | スタッフ紹介 | サポート体制 | リクルート情報 | 個人情報取扱方針 | 勧誘方針 | お問い合わせ |