TOP  > コラム  > 最新コラム  > 車の点検整備を行っていますか?
 

最新コラム :  車の点検整備を行っていますか?

車の所有者は、安全走行と環境保全のために、日常点検と1年点検、車検時の2年点検の3種類の点検を行い、不具合があれば整備を行って車を正常な状態に保たなければなりません。
今月は、車の点検整備の実態と重要性を踏まえ、車を安全で正常な状態に保つための点検整備についてみてみましょう。
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


☆1ヶ月に1回以上は日常点検整備をしよう!☆

車の点検整備に関するWEBアンケート調査によると、日常点検整備は約6割の人が「する」と回答し、その頻度は「まれにする」が最も多くなりました。
しかし、日常点検整備を「全くしない」と答えている人も多く、道路上にはタイヤの溝がすり減ってスリップしやすいなど、事故を起こすおそれのある車が4割近くも走行していることになります。
車の使用頻度によって日常点検整備の回数は違ってきますが、少なくとも1ヶ月に1回以上は日常点検整備を行い、長距離のドライブ前にも必ず点検整備をしましょう。
手間はかかりますが安全にはかえられません。


 


☆1年に1回、定期点検整備をしよう!☆

一方、1年点検と2年点検※の一定期間ごとに行う定期点検整備については、「自動車の適正な状態の保持が法的に義務付けられている」ことを約9割の人が知りながら、その約半数の人は行っていませんでした。
その理由として、「お金がかかるから」が最も多く約41%を占め、「面倒だから」が約39%と続きます。
あなたは、定期点検整備を1年に1回行っていますか。
定期点検整備を行うには、エンジンやブレーキの仕組みなど専門的な知識や技術が必要となるので、車のディーラーや整備工場に依頼しましょう。
また、自動ブレーキやクルーズコントロールなど電子制御装置を搭載している車の場合は「コンピューター・システム診断認定店」の名称がある整備工場で機能診断ができます。
確かに、お金がかかるうえに面倒かもしれませんが、安全にはかえられません。
走行中に突然ブレーキが効かなくなるなどの不具合で事故が発生しないよう、必ず点検を行いましょう。



☆日常点検の方法☆


では、日常ではどこを点検すればいいのでしょうか。日常では、次の15項目の点検を行います。
不具合があれば、各車の取扱説明書に従い整備を行うか、車のディーラーや整備工場に相談しましょう。




車を安全で正常な状態に保つため、1年に1回の定期点検整備と、1ヶ月に1回以上の日常点検整備を行いましょう。

投稿日時: 2019年07月20日

最新コラム一覧


 
お問い合わせフォーム
 
 
 
ページの先頭に戻る
| トップページ | 会社概要 | スタッフ紹介 | サポート体制 | リクルート情報 | 個人情報取扱方針 | 勧誘方針 | お問い合わせ |