TOP  > コラム  > 最新コラム  > 走行中に大地震に遭遇したとき、適切な退避行動をとれますか?
 

最新コラム :  走行中に大地震に遭遇したとき、適切な退避行動をとれますか?

2016年熊本地震では、414日からの3日間に震度6弱以上の揺れが7回も発生しました。走行中、このような大地震に遭遇したら、あなたはどうしますか?

今月は、2016年熊本地震でのドライバーの運転行動調査を通じ、安全で被害を拡大させない退避行動についてみてみましょう。

 

 

○災害発生時に適切な退避行動がとれた割合は全体の約4%のみ○

 

2016年熊本地震で震度6弱以上の揺れに遭遇したとき、走行中だったドライバーの運転行動調査をみてみると、地震発生後、約半数はすぐに停車しています。

ある程度走行してから停車したケースと合わせると、約8割が停車していますが、残りは停車せずに走行を続けました。

停止した理由の中には「先行車が停止したため」「信号が赤になった」など地震に気付かず停止していたケースが2割強みられましたが、約8割が地震に気付いたり、車両異常と思ったりして停車していました。

しかし、停車後の行動をみると、車を離れ退避行動をとったケースは約3割しかなく、車を離れずに再び運転を続けたケースが約7割を占めました。

 

 

車を離れる際の対処をみると、エンジンキーを付けたままドアロックをせずに退避した人は12 人で車を離れた57 名のうち約2 割に留まります。

災害時は、路上駐車した車が緊急車両通行の支障になる場合を考え、車を円滑に移動できるようエンジンキーは付けたまま、ドアロックをせずに退避する必要があります。

調査全体(270 人)からみると、地震発生時に適切な退避行動がとれた人は12 人と約4%しかいないことになります。

また、災害時に車を離れる際の対処について「知らなかった」と答えた人は、約46%と半数近くを占めていました。

「知っていた」人と「知らなかった」人の行動をみると、エンジンキーを付けたまま退避すると「知っていた」にもかかわらず、キーを持って離れた人が半数近くと多く、車を離れる際にエンジンキーを残すことにためらいがある人が多いことがわかります。

ドアロックに関しては「知っていた」人の約6 割がドアロックをせずに退避しています。

一方、「知らなかった」人はエンジンキーを持って退避した人が65%と多くなっていますが、「覚えていない」と答えた割合もエンジンキーで2 割強、ドアロックが約4 割と少なくありません。

災害時の対応に関する知識が無いため、退避時にエンジンキーとドアロックに意識が向かなかったと考えられます。

 

 

○大地震発生時に被害を拡大させずに安全な退避行動をとるためには…○

 

大地震が発生したとき「道路は大丈夫そうだから、行けるところまで走ろう」と考えるのは危険です。

道路が陥没したり、塀や建物が道路に崩れ落ちたりする危険が発生し、「行けるところ」を的確に予測できないおそれがあります。

また、火災などが発生した場合、逃げようとする車や退避時に不適切に路上駐車した車は、緊急車両の通行を妨げ被害を拡大してしまいます。

走行中に大きな地震に遭遇したとき、被害を拡大させずに安全な退避行動をとるにはどうしたらよいかをみてみましょう。

 

投稿日時: 2019年02月26日

最新コラム一覧


 
お問い合わせフォーム
 
 
 
ページの先頭に戻る
| トップページ | 会社概要 | スタッフ紹介 | サポート体制 | リクルート情報 | 個人情報取扱方針 | 勧誘方針 | お問い合わせ |