TOP  > トピックス  > 最新情報  > 事業継続支援金・小規模事業者持続化補助金制度のご案内
 
最新情報

最新情報 :  事業継続支援金・小規模事業者持続化補助金制度のご案内

新型コロナウイルスによりお困りの事業者の方々向けに、新たな補償制度を2つご案内させて頂きます。

 

◇まず1つ目は、「事業継続支援金」という支援金制度です。※倉敷市も岡山市も制度有
中小企業者又は小規模事業者の方が対象の制度で、令和2年2月〜6月までのいずれか1か月の売上高が、前年同月比20%以上減少している場合、中小企業者の場合は20万円、小規模事業者の場合は10万円が支援金として支給されます。なお、申請後約2週間程度での支給の予定で、国の制度である「持続化給付金(※1)」とは別で(重複して)受給できますので、ぜひご活用をご検討ください。
※1:持続化給付金は、以前弊社でも簡単にご紹介しております。ぜひご覧ください。
申請方法等詳細は下記URLからご確認ください。


倉敷市HP:https://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/130842.htm#itemid130842
岡山市HP:http://www.city.okayama.jp/keizai/sangyou/sangyou_t00167.html

 

◇2つ目は、「小規模事業者持続化補助金」という制度です。
補償の対象となる方は小規模事業者の皆様です。これは以前から存在していた制度ですが、現在「コロナ特別対応型」という特別枠が創設されています。通常であれば、ホームページの作成やチラシの作成などの販路開拓に関する費用の2/3(上限50万円)を補助する制度ですが、コロナ特別対応型では、例えば店内飲食のみであった飲食店が、出前注文受付のためのwebサイトを作成する際の費用など、現状での事業継続のために要した費用(※2)に対して、100万円を上限に、2/3を補償します。(取組内容を申請し、認定された場合に支給されます。)また売上が前年同期比20%以上減少している方には、希望により即時給付等も実施しております。
応募締切は令和2年5月15日(必着)です。5月15日の締切り後も、複数回の締め切りが設けられる予定です。
※2:補助対象経費については条件有、以下チラシをご参照ください。

 

小規模事業者持続化補助金
https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/0102.pdf

 

小規模事業者持続化補助金コロナ特別対応型HP
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/index.php/sinsei/

投稿日時: 2020年05月11日

最新情報一覧


 
お問い合わせフォーム
 
 
 
ページの先頭に戻る
| トップページ | 会社概要 | スタッフ紹介 | サポート体制 | リクルート情報 | 個人情報取扱方針 | 勧誘方針 | お問い合わせ |